歯の痛み、もしかしたら虫歯かもしれません

このような症状があるなら、もしかしたら虫歯になっている可能性があります。虫歯は放っておいても自然によくなることはありません。「虫歯かも?」と思ったら、早めに当院までご相談ください。初期の虫歯なら歯を削らず、再石灰化力を高めることで治る可能性があります。

歯の再石灰化で虫歯を治そう!

歯の再石灰化とは、虫歯菌が出す酸で溶けたエナメル質表面の無機成分が、だ液などの働きによってふたたび歯の表面に形成され、元の状態を取り戻すことです。口内が酸性に傾くとエナメル質の無機成分(ハイドロキシアパタイト)が溶けます(脱灰)。これがそのままの状態だと虫歯になります。

術前

術後

しかし、だ液などの働きにより歯の表面が酸性から中性に戻ると、一度溶けた無機成分が歯の表面に戻ります。これが「歯の再石灰化」です。この脱灰と再石灰化のバランスを保つことで、虫歯になりにくくなり、初期の虫歯を治すことができるのです。

再石灰化力を高めるために

再石灰化力を高めるために

脱灰と再石灰化のバランスを整え、再石灰化力を高めるためには、さまざまな要因が絡んできます。具体的には飲食の頻度や種類、歯磨き、フッ素塗布の利用など。当院にて再石灰化力を高めるためのケアやアドバイスを行っていますので、まずはご相談ください。

重度の虫歯は根から治します

重度の虫歯になってしまった場合、抜歯しなければいけないケースもありますが、歯を残す「根管治療」を行うことで抜歯を防ぐことができます。根管治療とは、虫歯菌に冒された歯の根にある神経などの組織を取り除き、キレイに洗浄して薬剤を詰めて被せ物を装着する治療方法です。当院では、根管治療にも取り組んでいますので、ぜひご相談ください。

ストレスが原因で虫歯や様々な症状が出ることもあります

※夕刊フジで紹介された記事です。クリックすると拡大します。

「歯がしみる」それは知覚過敏かもしれません

歯がしみるけれど虫歯ではない場合、知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は歯の表面のエナメル質が削れて、神経に近い象牙質が露出することで起こる症状のこと。冷たい物や歯磨きの刺激でしみるようになります。また、ぬるい水や熱い物でしみるようなら危険信号。症状が悪化する前に、早めにご来院ください。

※夕刊フジで紹介された記事です。クリックすると拡大します。

親知らずの治療も行っています

親知らずとは、前歯から数えて8番目に生えてくる歯のことです。親知らずは必ずしも抜歯しなければいけないわけではありませんが、痛みや炎症がある場合には抜歯の対象となります。もし親知らず周囲に違和感や痛みなどがある場合には抜歯したほうがいいかもしれませんので、一度ご相談ください。

歯を健康に保つには、予防メンテナンスが重要です。くわしくはこちら

  • ページの上部に戻る

子供を虫歯にさせないために~小児歯科~

子供の歯、特に生え替わったばかりの永久歯は歯質が弱く、虫歯になりやすい状態。虫歯になりやすいダラダラ食べをしていたり、きちん歯磨きができていなかったりすると、あっという間に虫歯になってしまいます。ですから、大人が正しい食事の仕方や歯磨きを教えてあげる必要があるのです。小さなころにきちんとした食生活・歯磨きを実践することで、大人になっても丈夫で健康な歯を保つことができます。

いつから通ったらいいの?

当院では、親御様に以下のタイミングで歯科医院に連れてきていただくようお願いしています。

乳歯が生え始める時期 乳歯が生え始める生後6ヶ月後ぐらいでまずお越しください。
乳歯の生えそろう時期 乳歯が生えそろう1歳半~3歳くらい。生え方に問題はないか、虫歯になっていないかを調べます。
永久歯が生え始める時期 乳歯から永久歯に生え替わる6~12歳くらい。生え始めの永久歯は虫歯リスクが高まります。

小児歯科処置メニュー

当院の小児歯科では、主に以下のような処置を行っています。

ブラッシング指導
ブラッシング指導
子供の歯の成長に合わせた歯ブラシの選び方、ブラッシング方法をお教えします。親御様には仕上げ磨きの仕方をお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布
歯の質を高め虫歯になりにくくするために、フッ素を歯の表面に塗布します。
シーラント
シーラント
生え替わったばかりの永久歯は奥歯の溝が深く、食べカスなどがつまりやすい箇所。奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋める処置で、虫歯になりにくくします。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯
通常は生えない過剰歯があると、歯並びが悪くなったり正常な歯の成長を妨げたりします。ですので、不要な過剰歯は抜歯します。

お子様の歯についてご不明な点がありましたら、一度当院までお気軽にご相談ください。03-3661-4705

  • ページの上部に戻る